ベトナム語 通訳 愛知県

1.通訳方法

同時通訳

同時通訳とは、通訳者が発言者の話をほぼ同時に訳していく方法です。専用の機器を必要とする場合が多く、大きな会場の場合、通訳者は専用のブース内で通訳を行います。通訳者はヘッドフォンをつけて話を聞いた後、マイクを使って通訳をします。高い集中力を必要とするため、チーム体制で行うことが多く、約15分ごとに交代し通訳をしていない人がメモを取るなどの補助をします。規模の大きい国際会議などではこの方法が多くとられています。

逐次通訳

逐次通訳とは、発言者と通訳者が交互に話していく方法です。発言者が区切りの良い部分まで話した後に、通訳者がその部分を訳し、それを繰り返していきます。通訳者が内容をしっかりと把握し正確に伝えることが重視されている場合に多く用いられます。弊社はベトナム語 通訳 愛知県 サービスを提供致します
ベトナム語 通訳 愛知県

ウィスパリング

ウィスパリングとは、通訳者が発言者の隣や後ろについて、聞き手にささやくような声で通訳をしていく方法です。同時通訳と似ていますが、専用の機器やブースを必要としないため、社内の会議など、通訳を必要とする人が少ない場合に多く用いられています。

2.翻訳者と通訳者の違い

翻訳者と通訳者の仕事内容の違いを3点に分けて説明します。

訳す対象や場所

翻訳者はビジネス文書や海外小説、ドラマなどを翻訳します。自宅やオフィスで作業することが多く、基本的に文書を相手にする仕事です。通訳者はビジネスの交渉の場など、人前で仕事することが多いです。

求められる正確さ

翻訳者は、時間をかけてより適切で分かりやすい表現を追求していきます。 元の原稿の内容について自分で詳細に調べることも必要です。
通訳者は全体として話の筋が伝わるように訳すことを求められます。場合によっては聞き手が分かる範囲で、辞書に載っていないカタカナ語で伝えることもあります。 また、話し手が強調している部分はそれが伝わるように通訳する、などその場のニュアンスを汲み取って訳す必要があります。

必要とされる語学力

どちらも語学力が求められるのは確かですが、翻訳者は書き言葉のスキル、通訳者は伝えるためのスキルがより必要とされます。